本場の味そのもの!「ザッハトルテ」のふんわりチョコレート味が素敵すぎて病みつきになること間違いなし!

ザッハトルテ_タイトル コンビニスイーツ

「ザッハトルテ」を知っていますか?

ほどよい甘さとふんわりしたスポンジがたまらないザッハトルテは、オーストリアのウィーン発祥のチョコレートケーキ。

一見すればただのチョコレートケーキなんですが、コーティングとスポンジの間にあんずジャムが薄く塗られているんですね。

そんなザッハトルテをセブンイレブンで見つけたので、紹介します。

スポンサーリンク

「ザッハトルテ」とは

ザッハトルテ_とは

先述のとおり、ザッハトルテはオーストラリアはウィーン発祥のチョコレートケーキ(あんずジャム入り)。チョコレートだけでなくジャムの酸味が加わることで、爽やかな味わいとなっています。

日本人は意外と「チョコレートケーキ」としてまとめてしまいがちですが、実はひとえにチョコレートケーキといっても、ザッハトルテをはじめ、オペラやガトーショコラなど、タイプはさまざま。

わたしの好みは断然ジャム入りのザッハトルテです。後味爽やか、なのに舌ざわりはふんわり! ディナー後のデザートにというよりは、アフタヌーンティーとしていただきたい感じですね。

「ザッハトルテ」を食べた感想

ザッハトルテ_感想

さて、開けてみるとこんな感じ。上にちょこんと乗ったシーリングスタンプ(封蝋)のようなチョコレートが可愛らしいですね! ちょっと優雅な感じ。

スポンサーリンク

「ザッハトルテ」の栄養成分

(1包装当り)
熱量:270kcal
たんぱく質:2.7g
脂質:14.1g
炭水化物:33.5g(糖質:32.4g、食物繊維:1.1g)
食塩相当量:0.1g

間違いなく本場の味!

なぜそんなことが言えるのか。それは……。

モカ
モカ

昔、オーストリア人(ウィーン出身)の友達に、誕生日プレゼントとしてザッハトルテを作ってもらったことがあるから!

そのときの写真がこちら。

ザッハトルテ_本場

10年以上も前なのに、よく残っていたものですね。このときはたまたまスーパーにあんずジャムがなかったようでマーマレードジャムを使ったとのことでしたが、それにしたって美味しい! 以降、なかなか満足のいくザッハトルテには出合っていませんでした。

それがまさかこんな近所のコンビニで再会するとは!

スポンサーリンク

ハーブティーとよく合う

イングリッシュブレックファーストやアッサムなど一般的なものでなく、カモミールやペパーミント(両方合わせてみるのもおすすめ)といったハーブティー系の紅茶とよく合う印象でした。

今回はカモミールティーと一緒にいただきましたが、あんずジャムが使われているのでローズヒップやアップルティーなど、フレーバーティーと合わせても良いかもしれません。

スポンジをコーティングしているチョコレートは、まるで生チョコのように濃厚。そこにジャムの酸味がうまい具合に融合しています。考えた人、天才。

スポンジはしっとりふわふわ

ザッハトルテ_割る

半分に割ってみました。

スポンジはしっとりふわふわ。下のほうまでしっかりとチョコレートの濃厚な味わいが染みわたっています。ナイフを入れるとき(普段はフォークでざっくりですが)のパリッと感もたまりません。

写真からは見えづらいかもしれませんが、コーティングチョコの下、一番上の層にあんずジャムがうっすらと存在感を主張しています。この強すぎない、けれども口の中に広がるわずかな存在感が良いんですよね!

スポンサーリンク

優雅なアフタヌーンティー気分が味わえる

このザッハトルテに豪華な感じを与えているのはひとえに、上にちょこんと乗せられたシーリングスタンプ(封蝋)の存在でしょう。

あの、よく中世のヨーロッパを主題にした映画で見る手紙に封をしているアレです。

なんだか見ているだけでタイムスリップしたような、映画の世界に飛び込んだような、不思議な感覚が味わえます。気分はさながらアフタヌーンティーを楽しむマリーアントワネット!

これに合わせてティーセットも買いそろえたくなってしまいそうです。

セブンイレブン「ザッハトルテ」の口コミ

ザッハトルテ_口コミ

一見したところ、賛否両論という感じ。

少し苦手という人もいれば、美味しいという人もいて、さらには「一回ぐらいなら食べてもいいかな」なんていう人も。好みは人それぞれなので、ぜひ一度試してみてくださいね!

スポンサーリンク

お取り寄せ「ザッハトルテ」もおすすめ!

ザッハトルテ_おすすめ

2人以上で食べるにはちょっと小さめサイズのセブンイレブンで手に入るザッハトルテ。味は間違いないのですが、誕生日や記念日、クリスマスなどの特別な日にはお取り寄せグルメもおすすめです。

見事本場の味を再現してくれつつ、日本ならではの繊細な味わいが魅力的。

例えば、こちら。

マカロンが乗っているので美味しさ倍増です。味付けはもちろんのこと、見た目も可愛らしくなんともフォトジェニック。まだまだ衰えることを知らないインスタに載せても映えを狙うことができますね。

海外から輸入した商品でも、独自のやりかたで再開発してしまうのが日本流! 本場ですら味わえない「抹茶のザッハトルテ」、ここにありです。

ランチ後のひとりプチデザートに

甘すぎず、爽やかすぎず。

まさにビタースイートという言葉がぴったりです。

サイズ感としても丁度良い感じなので、ランチを腹八分目で済ませて食後のデザート(アフタヌーンティー)にしてみてはいかがでしょうか?

ウィーンの味をそのまま再現できていますよ!

モカ
モカ

複数ブログ運営中! Twitterでは随時ブログ情報を更新していますので、よろしければフォローお願いします♡

もか(@MochaConnext)のTwitterへGO!

※本記事に記載されている情報は2020年6月時点のものです。

関連記事:

コメント

タイトルとURLをコピーしました